ソフトハックル

複雑な作りが多いウエットフライの中でもシンプルなのがソフトハックルパターン。


おススメの使い方としてはドライフライのようにキャストし自然に流します。それで釣れれば良し!自分の横まで流しドラッグをかけて無理やり沈めると、気泡をまとったダイビングカディスにも見えます。


流れが強ければフロータントを使い浮かせるのもオススメの使い方です。ドライフライからウエットフライへと変化させて2度、楽しめますね。


当店(art lies アートライズ)専属タイヤー、契約タイヤーにより日本のフライフィッシングの為に作られた完成フライは、きっと価格以上に満足していただけると信じております。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7